事前のリフォームや修繕は必要?

住まいの設備(引き渡しの対象となるもの)に故障や不具合があれば、事前にできるかぎり修理や補修、場合によっては交換をしておくべきです。

修理費用がかかったぶんだけ高く売れるという保証はありませんが、設備が故障したままで売ろうとすれば、その修理費用の見込み額以上の値引きを要求される可能性のほうが高いでしょう。
売却活動を始める前にリフォームをしたほうが良いのかどうかは、ケースバイケースで判断が難しいところです。
家を購入したらすぐに入居したい買主、あるいは自己資金が少ないためにリフォーム費用込みで住宅ローンを一本化したい買主などに対しては、リフォーム済み物件のほうが有利に売却できるでしょう。リフォーム費用分を売り出し価格に上乗せすることも十分に考えられます。
ところが逆に、「自分たちの好みに合わせた内装や設備でリフォームをしたいので、古家でもいいから少しでも安く買いたい」という買主に対しては、事前のリフォームがすべて無駄になってしまうこともあり得ます。
その物件の築年数や地域のニーズ、あるいは時期的なトレンドによって異なる部分もありますから、事前にリフォームをするべきかどうかは、売却を依頼した
不動産業者とよく話し合って決めるようにしましょう。
ただし、それほど古い家ではないのに壁紙の汚れや剥れ、床の傷などが目立つような場合には、これらの張り替えを検討するべきです。「築浅物件なのに汚い」といった印象を持たれれば、購入希望者に気に入ってもらえることは期待できません。