不動産の具体的な査定ポイントは?

 

査定をきちんと行うためにはできるだけたくさんの不動産にまつわる資料が必要になります。

土地建物の権利書、土地建物の登記簿謄本、公図、地積測量図、建物図面、建築許可確認書、

土地建物の固定資産評価証明書、路線価図、地価公示書、しろあり保証書、建物保証書、購入

した土地であれば購入時の土地契約書、新築した当時の建物請負契約書等お手持ちの資料をで

きるだけ多く提出して戴くことで詳細な査定ができることになります。

お手元にない場合は弊社が法務局や役所等で申請交付してもらってあらかた揃えることはできま

すが、無料ではありませんので書類実費だけは負担して頂きます。

それらの資料を参考にしながら、現地の目視調査を丹念に行ってはじめて納得のいく査定ができ

ることになります。