不動産査定: G:\html\mark1.gif大田宅建事務所: G:\html\ootakulogo.jpg 不動産売却査定: G:\html\phone_001.gif096-232-3694 FAX096-232-3820 大田宅建メールアドレス: G:\html\mailto.gif 熊本全域査定対応!不動産売却査定: G:\html\sateilogo3.gif 

  不動産売却査定: G:\html\cons_buy_p.gif 事務所概要事務所MAP年収による借入限度額住宅ローン返済額シミレーション不動産資金計算シミュレーション  

「不動産売却の流れ」大田宅建事務所TEL096-232-3694 熊本県菊池郡菊陽町津久礼2220-1 

熊本にある戸建や土地などの不動産を売却されたい方の価格査定は豊富な取引実績と売却の為の正確な査定を行う

田宅建事務所にお任せ下さい!  合志市・菊陽町・大津町の他熊本全域の不動産の価格査定をいたします!

$土地仲介事例      $建物仲介事例     $土地活用事例   $価格査定による売却成功事例

【価格査定・売却価格決定・媒介契約or買取契約】空家&空地買取いたします!

価格査定後、売出価格を決めて売主様の要望に応じて媒介契約又は買取契約を行って頂きます

不動産取引の専門家である不動産会社が、売買等の取引のみを目的として不動産の価格などを評価することを、一般的に「価格査定」といいます。

価格査定は、売り出し価格決定などの参考情報として活用され、取引事例等の客観的なデータを用いるなどの合理的な手法で行われます。

査定の方法には、一般的に「簡易査定」「机上査定」といわれるものと、「詳細査定」「訪問査定」といわれるものがありますが、弊社では実際に物件の状態(土地の地形、形状、接道状況、日当たり、周辺施設、建物の傷み具合など)を細かく確認するとともに、法務局や行政庁などで、登記記録(登記簿)、物件に対する法規制、上下水等のインフラの整備状況なども調査した上で行われる詳細な査定を行っています。

地図、登記記録(登記簿)、その他詳細資料(購入時の重要事項説明書、建築関係書類等)
・詳細査定の場合は、物件を特定する資料に加えて、その他の詳細資料が必要となる場合があります。

・弊社が独自に調査することも可能ですが、あらかじめ必要な資料を提示していただくと査定を円滑に進めることができます。詳細査定に当たっては、どのような資料が必要となるかは弊社からご連絡致します。

弊社から提示された査定価格について、その根拠を十分に確認して下さい。査定価格の根拠の説明は、価格査定書等の書面の交付、取引事例などのデータの提示、経験に基づく相場情報や地元の生情報の提供など、不動産会社の特徴に応じて様々な方法で行われます。専門的な内容も含まれますが、ある程度の納得感が得られるまで査定価格の根拠をしっかりと確認することが重要です。

また、複数社に査定を依頼した場合、査定価格に差が生じることがありますが、高い査定価格を提示したところがよい不動産会社というわけではありません。なかには、仲介の依頼を受けたいがために、あえて高い査定価格を提示する不動産会社も存在します。高すぎる売り出し価格を設定したために売却できなかったり、逆に低すぎる売り出し価格を設定したために売却価格に不満を感じてしまったりなど、後々の売却活動で後悔しないためにも査定価格の裏付けをしっかりと確認することが重要です。

価格査定への不動産会社の対応を見ることで、その会社が信頼できるかどうかを見極めることも大切です。特に、価格査定への対応は、不動産会社ごとに特徴がありますので、具体的な判断材料となります。いかに丁寧に親身になって査定価格の根拠を説明してくれるのか、その説明内容が合理的で納得できるものかなど、査定結果と不動産会社の対応を踏まえて、「自分に合った」不動産会社を選びましょう。

当事務所の査定のやり方は下記のように土地建物をあらゆる角度から捉えて納得のいく価格根拠を出していきます。

                    土地評価査定方法    建物評価査定方法

媒介契約書の確認事項と契約書の種類

●印の付された項目を査定地、事例地共にチェツクしていき、該当不動産の価格を算出していきます

【該当不動産土地の周辺状況】

●通学距離(小学校)●通学距離(中学校)●総合病院迄距離 ●行政機関迄距離 ●日用品買物距離

【該当不動産土地の個別状況

●前面道路の方位●前面道路の幅員●前面道路の舗装●前面道路との高低差●敷地面積による評価●敷地の整形度●街路の整備状況●間口が狭小の場合●騒音・振動等の有無

●路地状部分割合●日照・通風等の状況●高圧電線下影響●危険・嫌悪施設影響  ●傾斜地を含む場合

【該当不動産の特殊状況

●相続人間のトラブルの有無●差押や仮差押、仮処分等の厄介な登記の有無●賃借人、借地人との間のトラブルの有無●特殊事情による評価●通常売却では抹消不可の抵当権等の有無●流通性補正

不動産(建物)チェツク要領            

@       正築後年数

建物価格を求めるのに重要な築後年数について、新築後において価格に影響する増改築行為があった場合、築後年数を補正しています。