不動産査定: G:\html\mark1.gif大田宅建事務所: G:\html\ootakulogo.jpg 不動産売却査定: G:\html\phone_001.gif096-232-3694 FAX096-232-3820 大田宅建メールアドレス: G:\html\mailto.gif 熊本全域査定対応!不動産売却査定: G:\html\sateilogo3.gif 

 

 

  不動産売却査定: G:\html\cons_buy_p.gif 事務所概要事務所MAP年収による借入限度額住宅ローン返済額シミレーション不動産資金計算シミュレーション  

不動産主要判例 

大田宅建事務所提供 ■このコーナーは満杯になりましたのでメール相談は受け付けておりません!

不動産取引業者が不動産取引においてちょつとしたミス、つまりきちんとした法的知識などの欠如によって取引の当事者に取り返しのつかない大きな損害を与えることがあります。そうなるともう,ちょつとしたミスでは済まされなくなり、故意や過失に基づく不法行為による損害賠償責任問題にまで発展してしまうこともあり得ます。

 不動産取引業者は不動産のプロとして裁判判例を引用するまでもなく、一般人に比して高度の専門的知識と注意義務が要求されていることは当然のこととして受け止めねばなりません。判例という高度の法律専門知識が通常の不動産取引に要求されるかどうかは取引の難易にもより,必ずしもすべての取引、業者に当てはまるかどうかはわかりませんが、知らぬが仏゛の方は別にして知っていることに越したことはないし、不動産取引のプロといわれるためにもせめて不動産に関係する主要な判例には熟知しておきたいものです。

 そこで、このページを借りて不動産に関する主要な判例を集めてみることにしました。アトランダムに登載していく予定ですが,できるかぎり実際の取引現場で役に立つようなものを逐一集めていきたいと思います。「取引の安全」こそ不動産の取引の専門家といわれる宅地建物取引士に求められるものであり、決して曖昧な知識のままで取引に臨まないようにしなければならないと思います。

1

共有物分割訴訟

16

自筆証書遺言 

31

他人物の賃貸借の敷金返還 

2

受領遅滞

17

表見代理の要件と無権代理人の責任 

32

条件成就の妨害による条件成就 

3

復代理

18

使用貸借と不当利得 

33

共有物における原状回復 

4

不動産の附合

19

同時履行の抗弁権と契約解除

34

マンションにおける共用部分 

5

遺言

20

相続放棄と処分行為等 

35

事実上の養子の賃借権の相続 

6

履行遅滞による解除権

21 

短期賃借権と損害 

36

黙示の媒介契約と報酬請求権 

7

代理

22 

工事請負代金と留置権 

37

賃借権による占有移転と抵当権 

8

双方代理

23 

危険負担の債務者主義 

38

不動産贈与と遺留分減殺請求 

9

利益相反行為

24 

売主の手付倍返しによる契約解除 

39

契約解除における履行の着手 

10

賃借権の時効取得

25 

遺留分 

40

相続の開始と相続放棄

11

請負契約における注文者の責任 

26 

背信的悪意者 

41

遺産分割協議と遺贈

12

弁済の提供

27 

立退きにおける建物朽廃と正当事由 

42

遺産分割協議と詐害行為

13

遺言者生存中の遺言無効確認の訴え

28 

公示による意思表示 

43

宅地取引における告知説明義務

14

不動産業者の報酬請求権 

29 

嫡出否認の訴え 

44

 

15

保証人の事前求償権 

30

返還時期の定めのない土地使用貸借 

45